看護スタッフが別な職場を探すと

看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件をはっきりさせておきましょう。
夜の勤務は難しい、オフはたくさんあるのがいい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。
看護職員の価値は市場では高い状態なので、合わないと思われる仕事場で頑張り続けることはありません。看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には表に出ていないものも珍しくありません。しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきをお願いできる所も少なくありません。高校に入った時点で衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは大変です。
さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いことが理由で試験に向けた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが申込理由です。何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのは容易ではありません。たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが受かりやすいものです。看護師免許を取るには、何通りかの道が考えられます。
看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなければならないのですが、すぐに受験することは認められません。
試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護を学ぶという条件があります。
看護師の当直が16時間などにおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
病院における看護師の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、体調を崩しやすいのも、看護師が長続きしない理由の一部と思われます。
ナースが仕事を変えるキッカケとしては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。
前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、不満を転職理由にしてしまったら、相手側の心証を悪くしてしまいます。
要因として現にあったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、建設的にキャリアを積もうとしているということを答えられるようにしておいてください。看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。
面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。
当然のことながら、待遇が良い勤務先は応募者数も多くなりますから、緊張感を失わず不足なく対策をたてて就職面接当日を迎えましょう。クリーンな印象のファッションで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校卒業の方が困難という人も多いです。看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験もパスした方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ