病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミス

病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、はじめにどのような労働条件を求めているかをはっきりさせておきましょう。ナイトナースはできない、休暇はしっかりとりたい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個人個人で仕事への要望は異なります。看護職員の価値は市場では高い状態なので、不満がたまるような勤め先で辛さに耐え続けることはありません。
看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが応募理由です。
どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはたやすくはありません。
たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、やる気を印象付ける言い方をしたほうが受かりやすいものです。
ナースが仕事を変えよう思うときは、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。
看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには出てこない案件も少なくありません。
ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、仕事場のカラーといったこともチェックできます。
躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきをお願いできる所も少なくありません。看護専門職が職場を移る根拠としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。それがいくら事実であろうと素直に明かす意味もありませんので、ポジティブな印象を与える応募動機を表明してください。
看護師の資格を手にするには、何通りかの道が考えられます。看護師免許を取得するには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
受験資格を手にするために看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して学ぶことが必要なのです。
看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。
面接担当官に悪印象だと、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。
良い雇用環境と思われる仕事場は志願者数も多く競争率があがりますので、ベストの状態で臨めるよう十分備えて面接官の前に立ちましょう。
場にふさわしい端正な装いで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても異なってきます。
職場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
高校進学時点で衛生看護科に進むと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、最速で看護師になれるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変更は困難です。また、最低5年で試験を受けられますが、期間が短いので勉強や実習に充てる絶対量が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。
看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針によって決められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、体調を崩しやすいのも、長続きしない看護師が多い理由の一部かもしれません。
看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校はそれほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年させてしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ