相手が全然知らないうちに、客観的に浮気の証

相手が全然知らないうちに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。
浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠として扱われません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、非常にコンパクトなカメラを使って覚られないうちに鮮明に写真におさめることができます。
離婚も辞さないつもりで、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、止めておきましょう。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、感情的になり事件を起こすことが避けられます。
心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
夫が浮気しているところを奥様がつかまえておぞましい戦場になるシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺人にまで到ってしまうサスペンスドラマも少なくありません。
情事の現場へ乗り込むのもやり方の1つでしょう。
離婚も辞さない覚悟なら、問題ないかもしれません。生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵にお願いする時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数をあらかじめ打ち合わせをしておきます。
1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査費用が高額になるでしょう。探偵業者によって、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。
探偵をお願いすると高くなるので、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。
難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実践してみればそうはいかないもので変に思われず相手を見張り続けるというのは並大抵のことではないのです。相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。
絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。
探偵を比較するなら無料相談から

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ