さらにもっと回数が必要になる可能性も

1日目を脱毛エステと契約を行った日として、8日よりも多く日数が経過していなければ、クーリングオフを選択することもできます。
ここで注意していただきたいのが、契約期間が1ヶ月よりも短い期間であったり、代金が5万円以内におさまっている場合、クーリングオフ適用の範囲から外れてしまいます。
もし8日を超えてしまった場合は、クーリングオフではなく中途解約に変わりますので早く手続きを行うことが重要です。毛が太く長く、密集しているような人の場合、脱毛エステを利用しても脱毛を完了させるまで、つまり満足できる状態に仕上げるまでに長い時間を費やすことになるようです。例えば普通の毛質の人が12回ほど通うことで脱毛を完了させられるとすると毛深い人は16〜18回、さらにもっと回数が必要になる可能性もあります。
時間のやり繰りが厳しい、時間をあまりかけられないという人は、医療系の脱毛クリニックを選んだ方が脱毛にかける期間を短くできるでしょう。ただクリニックで使用されている機器は威力があるためその分痛みも少々強くなる傾向があります。脱毛エステでは大抵いろんなキャンペーンを用意しているものです。これを上手に使うことができれば、相当お得に脱毛をすることが可能となります。でも、キャンペーン目当てにお店に来て、そこであまり深く考えずに簡単に契約をしてしまうと後々、納得がいかず悩むことになるかもしれません。さあ契約という段になったら落ち着いて本決まりの前に契約書に記載されている内容をよくよく確認し、あせらずに落ち着いて考えることにしましょう。安い料金や納得いくまで施術を受けられるというようなわかりやすいメリット部分ばかり注目していると、満足からは程遠い結果が待っているかもしれません。
脱毛エステにおいて一般的に使われている施術用の機器は、市販され、入手が簡単な家庭用の脱毛マシーンよりもかなり強めの光を照射することが可能です。
それにくわえて照射範囲が広いため、短い時間で処理を終わらせることができるわけです。
ただし、医療系の脱毛クリニックで使われている機器と比べてみると出力限界値が小さくパワーが弱いので、永久脱毛まではできないのです。
その代わりに、痛みに関していえば比較的楽に感じるレベルで、肌が受けるダメージも小さくなるという利点があるのです。
一般に、脱毛サロンによっては生理中の施術は、断られることがあるようです。生理中ですと、肌がとても敏感なので、お肌に問題がおきるのを回避するためです。生理などの日でも施術ができる店もございます。
ですが、いつもの倍以上のアフターケアを入念にすべきでしょう。言うまでもなく、デリケートゾーンの施術はお断りされるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ